お薦め新譜  管理人の趣味だけで選曲しております。

   7/21発売     島津亜矢    夏つばき
 作詞:喜多條忠   作曲:弦哲也   編曲:
南郷達也
CD-TECA-21027

 "えん歌の申し子"のネーミングで、1986年にデビュー、今年35周年を迎える島津亜矢の新曲となります。
円熟した男女の情愛を俯瞰的な目線から描いた意欲作に加え、ちあきなおみ『かもめの街』や庄野真代『飛んでイスタンブール』などを手掛けた故・ちあき哲也の遺作に命を吹き込みます。

いい曲です、売れます。
  

   
   7/21発売     半田浩二   愛しの函館
 作詞:小野田洋子   作曲:南乃星太   編曲:
杉山ユカリ
CD-TECA-21035

 半田浩二が挑戦する、新しい演歌のカタチ第2弾!
前作「泪酒」で新しい演歌のスタイル、ライトな演歌を生み出した半田浩二の第2弾、今作も女歌で、失った恋の悲しさやるせなさをお酒でごまかす切ない女の物語。
半田の飾らないストレートな歌声で、カラオケユーザーにも気軽にチャレンジしてもらえる楽曲です。

いい曲です、売れます。
  

   
   7/14発売     福田こうへい    男の残雪
 作詞:坂口照幸   作曲:四方章人   編曲:
南郷達也
CD-KICM-31027

 元日に発売した10周年記念曲第一弾「かんべんナ」に引き続き、第二弾の記念曲「男の残雪」は福田こう へいの本流でもある自然と人生の有り様をスケール大きく歌ったメジャー調の作品です。

いい曲です、売れます。
  

   
   7/7発売     新川二朗   天・地・人
 作詞:飯田新吾   作曲:聖川湧  編曲:
南郷達也
CD-KICM-31025

 キングレコード永遠のプリンス・新川二朗による約5年ぶりの待望のニューシングル。
表題曲「天・地・人」は、 男の生き様を描いたスケール感たっぷりの王道演歌、長き芸道を歩んできた新川二朗ならではの説得力が光 ります。
現在81歳とは思えぬエネルギーに満ちたダイナミックな歌声をお楽しみください。
いい曲です、売れます。
  

   
   7/21発売     大沢桃子   命の道
 作詞:仲村つばき   作曲:仲村つばき   編曲:
宮澤謙
CD-TKCA-91356

 「命の道」…これまで、自身のふるさと(岩手県大船渡市)復興を願い、岩手県を題材にした作品を多数発表して来ました。2021年は東 日本大震災から10年、東北各県を結ぶ復興道路・復興支援道路の全長570キロの道路網が、いよいよ全線開通となります(今春95%開 通予定)。
今作では、その想いを大沢桃子が書下ろした作品です。
歌詞にある “てんでんこ” とは三陸地方に伝わる “命てんでんこ” の言 葉で、“自分の命は自分で守れ” の意味。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/30発売     寺本圭佑    望郷本線
 作詞:
鮫島琉星  作曲:小田純平  編曲:矢田部正
CD-upcy-5099

 
故郷(ふるさと)からの悲しい知らせに、取るものも取り敢えず、慌てて帰郷するという、誰にでもありがちな現実をテーマとしました。
故郷に思いを馳せて戻ったものの,そのぬくもりに触れることによって落ち着きを取り戻し 『ささやきかけたら目を覚ましそう』と語り掛ける、まさに琴線に触れる感動作に仕上げました。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/16発売     永井みゆき   荒川峡から
 作詞:たかたかし   作曲:弦哲也  編曲:
南郷達也
CD-TECA-21028

 永井みゆきの30周年記念シングル!!1992年2月21日に『大阪すずめ』でデビュー。
当時、演歌アイドルを略した“演ドル”と呼ばれた永井みゆきも、今年でデビュー30周年。
記念曲となる今作は、前作に続き、作詞に師・たか たかし、作曲に弦 哲也を起用、“新潟”を舞台とした旅情演歌の第2弾、舞台は、新潟県岩船郡関川村を流れる荒川の景勝地、荒川峡、傷つけあう愛に疲れ、身を引く決意をした一人の女性の心情をしっとりと歌い上げます。

とってもいい曲です、売れます。
  

   
   7/7発売     羽山みずき    わたし舟
 作詞:もりちよこ   作曲:聖川湧   編曲:
馬飼野俊一
CD-CRCN-8413

 みちのく娘!としての活動や自身のYouTubeチャンネルでの積極的な配信など、演歌歌手の 枠にとらわれない活躍で支持を広げる羽山みずきの新曲。
恋をした時や共に生きる未来を考えた時に感じる、このまま進んでいいのかどうかためらう 不安な気持ち。
そんな複雑な恋心を「私の舟」にたとえて歌います。

いい曲です、売れます。
  

   
   7/7発売     島あきの    トルコ桔梗
 作詞:木下龍太郎   作曲:原譲二   編曲:
丸山雅仁
CD-CRCN-8414

 島あきの4枚目の新曲は、木下龍太郎&原譲二の書下ろしによる「トルコ桔梗」。
以前、北島三郎プロ デュースのアルバム、原譲二オリジナル作品集「流行歌」に収録され、大黒裕貴が歌唱しスマッシュヒットを飛ばした名曲をカバーします。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/23発売     池田輝郎    しぐれの酒場
 作詞:坂口照幸   作曲:水森英夫   編曲:
竹内弘一
CD-KICM-31026

 民謡仕込みの美声と気さくな人柄が人気の池田輝郎、約15ヶ月ぶりの待望の新曲になります。
「しぐれの酒場」は酒場が舞台の女歌、恋に破れた女性のやけっぱちな未練ごころを優しく明るいトーンで描き ます。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/23発売     水城なつみ    恋紅
 作詞:竜はじめ   作曲:宮下健治   編曲:
宮崎慎二
CD-KICM-31028

 演歌新世代の担い手、水城なつみの「哀愁」と「癒し」にあふれる歌声を活かした新曲! 素朴で静かな山間の小さな里山風景を舞台に、愛する人との再会の一日を美しい抒情歌タッチで描きます。
誰もが心の片隅に抱く想い出を、そっと呼び起こすような優しい歌をお届けします。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/16発売     奥山えいじ    うまい酒
 作詞:槙桜子   作曲:伊藤雪彦   編曲:
伊戸のりお
CD-TECA-21030

 山形県、宮城県で活躍する奥山えいじの2年ぶりの新曲です。
これまでも“奥山演歌”として好評を博している奥山えいじの、地に足のついた、歌謡曲寄りの演歌作品となります。
ひとりで飲む酒...友と飲む酒...ふたりで飲む酒...、ほっこりとした酒をテーマにした本格演歌作品です。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/23発売     葉月みなみ   許さないで...ねぇ 
 作詞:渡辺なつみ   作曲:桧原さとし   編曲:
矢野立美
CD-TECA-21029

 葉月みなみ、テイチクレコード移籍第1弾シングル!新潟出身で地元を中心に活動していた葉月みなみがテイチクレコード移籍を期に東京へ進出。
心機一転のシングルは、少し強がりで、でも弱くて可愛い女性像を歌謡曲テイストの楽曲で歌います。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/16発売     みずき舞    満月の花
 作詞:朝比奈京仔   作曲:弦哲也   編曲:
周防泰臣
CD-TECA-21031

 30周年記念シングル!季節が移ろい花は散っても、次の季節の花となって、愛し続けるという女心を歌う「満月の花」。
「♪チルチル」と繰り返す歌詞がキャッチーで記憶にとどまる歌い応えのある好楽曲です。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/16発売     三田りょう   天山遥かに
 作詞:坂口照幸   作曲:弦哲也   編曲:
杉山ユカリ
CD-TECA-21034

 男は遥かな悠久の地へと再び旅立つ、君を迎えに行くために。
異国情緒漂うスケール感のある男の歌謡曲誕生!ユーラシア大陸のほぼ中央に位置する山岳の国キルギス共和国を舞台に、愛する人を迎えにいくために旅をする男の旅路。
三田りょうはキルギス共和国と日本の懸け橋のような役割を担っており、国家行事にも数多く参加しています。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/2発売     松尾雄史     星空の酒
 作詞:たきのえいじ   作曲:水森英夫   編曲:
竹内弘一
CD- CRCN-8407

 松尾雄史の2021年第一弾シングルは「星空の酒」。
松尾雄史は、ここ最近の成長ぶりから 今最も期待される若手歌手のひとりです。
この星空の向こうに、今は離れた愛しい人を想う酒もの演歌です。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/2発売     新川めぐみ   さくら貝海岸
 作詞:さくらちさと   作曲:大谷明裕   編曲:
石倉重信
CD-CRCN-8408

 前作「三陸海岸」以来、2年ぶりの新曲は、今は亡き愛しい人を想う魂の歌。
「さくら貝海岸」は、石川県の増穂浦海岸のこと。
増穂浦は和歌山の和歌の浦、神奈川の 由比ガ浜と並び、「日本小貝三名所」のひとつ、冬に時期には「貝寄せの風」が多くの小貝を浜に打ち上げる事で有名。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/2発売     竹川美子     女のいろは坂
 作詞:原文彦   作曲:叶弦大   編曲:
蔦将包
CD-CRCN-8409

 前作「伊豆の夕月」以来、約1年4か月ぶりの新曲です。
「女のいろは坂」は、恩師叶弦大 氏が曲を手掛け、竹川が持つ特有のほろほろとした儚さやしっとりとした哀愁感の中に、 風格や格調を感じさせる竹川の最高峰ともいえる作品です。

いい曲です、売れます。
  

   
   5/26発売     北川裕二    惚れたんだよ
 作詞:かず翼   作曲:弦哲也  編曲:
南郷達也
CD-KICM-31022

 北川裕二が歌う大衆演歌の雰囲気に、温かいエッセンスをプラス。
「ほれた惚れたんだよ」の歌い出しで始まるこの作品は、そばで尽くしてくれる連れ合いに素直に感謝の気持ちを表したしあわせ演歌です。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/16発売     一条貫太    酒場の花
 作詞:万城たかし   作曲:叶弦大   編曲:
伊戸のりお
CD-CRCN-8406

 「酒場の花」は、一条貫太の表題曲としては初めてのメジャー演歌曲。
メジャーながらどこか侘しい旋律が、 聴く人々を昭和の町にいざないます。
舞台は昭和のとある小さな町の裏通り。昔、夜の巷で一度は惚れ た酒場の女が、今は故郷で小さな店を出したと聞いた。
噂を訪ね歩いて、やっと見つけた「おまえ」… ようやく見つけたうれしさと共に「今度は絶対に離さない」という男の決意を、軽妙な語り口で伝えます。

いい曲です、売れます。
  

   
   6/2発売     おかゆ    星旅
 作詞:おかゆ   作曲:おかゆ   編曲:
阿部靖広
CD-VICL37840       


 「星旅」とは、おかゆがはじめて海外へ流しの旅に出たときに、夜の星の中進んで行く飛行機のなかで感じた「新しい世界や未来へのワクワクする気持ち」を表現しています。
長いコロナ禍で皆が大変な思いをしているが、乗り越えた先に待っている、希望ある未来への思いを込めた楽曲にもなっています。


いい曲です、売れます。
  

   

JASRAC許諾番号9009173001Y31018